七五三は家族写真を撮影するよい機会|素敵な写真を残すための方法

家族
このエントリーをはてなブックマークに追加

生まれて初めての記念

親子

日本では、子どもが生まれたことを神様に報告するという習慣があります。無事に生まれたことを報告し、その後の健やかな成長を祈願するのです。これをお宮参りと言い、生後1か月ほどで行なうのが一般的です。男女で少し日数が異なり、男の子の場合には生後31日目に、女の子の場合には生後32日日目に参拝に行きます。また、その際には地域の守り神である産土神を祀っている神社を参拝するようにしましょう。両親だけでなく両家の祖父母も揃って参拝するということが多く、子どもにとっては生まれて初めてのよい記念となります。そのため、お宮参りの際には記念写真を撮影しておくことをおすすめします。自分たちで撮影するのもよいですが、やはり大切な記念ですのでプロのカメラマンに依頼して撮影してもらった方がよいでしょう。お宮参りの記念写真は、写真館での撮影か出張撮影を選ぶことができます。最近の写真館では無地の背景でシンプルに撮影することのほかに、小物を使用して様々な演出をすることも可能です。そのため、多くのパターンの写真を残したいという方には特におすすめです。また、出張撮影の場合はより自然体での写真を残すことができます。お宮参り中の様子を残すことができますし、何より家族の自然な表情を捉えることができるでしょう。お宮参りの様子や、より自然体での写真を残すことを希望するのであれば、出張撮影を選ぶのがおすすめです。このように、お宮参りを記念に残す方法はいくつかありますので、家族で検討してみるとよいでしょう。